フレッセイの挑戦記! 2019.02.07

災害時に頼れる場所に!フレッセイは『災害時帰宅支援ステーション』です!

このエントリーをはてなブックマークに追加
災害時 フレッセイ

 

災害時に公共交通機関がストップしたり、マイカーの運行が出来なくなるなど自宅に帰宅できなくなる帰宅困難の問題は東日本大震災を始めとする自然災害において問題となっています。

 

フレッセイでは昨年2018年9月18日より、群馬県の地域活性化包括連携協定に基づき群馬県内のフレッセイの46店舗が、災害時に徒歩帰宅する皆様を支援する『災害時帰宅支援ステーション』となりました。

 

お買い物時に入り口でステッカーを見かけたお客様もいるのではないでしょうか?

 

 

 

具体的にどのようなことをするのかというと…。

災害時に『災害時帰宅支援ステーション』として、帰宅困難者に対して営業時間内に以下の取り組みを行います。

 

★水道水、トイレなどの提供

 

★地図などによる道路情報、ラジオ等で知りえた通行可能な道路に関する情報の提供

 

*店舗被災時は可能な範囲内での支援となります。

 

日頃からローリングストック備蓄法など、災害時への備えを提唱しているフレッセイ。

ローリングストックについてはコチラ→http://fressay.co.jp/journal/201808-8/

 

災害時に頼れる場所となれるよう、今後とも活動を続けていくそうです。

 

 

「通常時はもちろん、いざというときもフレッセイ」。

災害に備えつつ、いざというときのために覚えておき、ご利用ください。

 

 

 

bunner

 

このエントリーをはてなブックマークに追加