チラシ楽しみ! 2019.03.05

ワイン・チーズが安くなる?日欧EPAって何?発効でどう変わる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
EPA 発効 

 

2019年2月1日から日欧EPAが発効されたというニュースが話題となりました。

今回は日欧EPAについて、ちょっとお話していきたいと思います。

 

EPAは「Economic Partnership Agreement」の頭文字で、「経済連携協定」という意味。

EPA発効により、EUに加盟する28の国と日本との間で様々な商品の関税が順次撤廃されて自由貿易化できるようになるというのが、今回のニュースの大きなポイントです。

 

EUの人口は約5億人、そこに日本の人口約1億2千万人が加わり自由に貿易ができるというのはかなり経済市場にとって影響があるでしょうね。

 

 

 

とはいえ、消費者である私たちにはどんなメリットがあるの?という疑問が残ります。こちらを詳しく解説!

例えばフランスやイタリアといえばワインが有名ですが、今までは商品代金+運賃に関税が掛けられ、更に日本で消費税が加わった金額が商品代金となっていました。

しかし、これからは関税が撤廃されるので、今まで割高と感じられていたヨーロッパ各国の商品が、より安く購入できるのです!

 

 

 

EPA オリーブオイル

 

 

ワインやチーズ、オリーブオイルなどのヨーロッパの食材が今より安く買えるというのは嬉しいお話ですね。

 

フレッセイでもヨーロッパからの商品の更なる需要の拡大を図り、EPA発効に合わせて、ワイン・チーズポイント5倍等のキャンペーンを行っていますので是非チラシをお見逃し無く!

 

 

EPA パスタ

 

EPA チョコレート

 

 

それ以外のスパゲティやチョコレートなどの商品も順次関税が撤廃されていきますので、チェックしてみてください。

 

消費者にとっても嬉しい日欧EPA。

ヨーロッパがちょっと近くなった気がしますね。

 

 

bunner

 

このエントリーをはてなブックマークに追加